キャッシング限度額と利息の仕組み

キャッシングには利用者が借り入れすることが可能な限度額が設定されています。

一般的に利用者はこの限度額を超える借り入れはできません。

限度額の上限は金融機関によって違いますが、消費者金融に比べると銀行カードローンの方が多い傾向にあります。

ただし、申し込みをして審査に通過すればただちに限度額いっぱいまで借り入れを行なえるわけではなく、初回の利用者は借り入れができる額を制限されることがほとんどです。

金融機関側からすれば利用者は審査に通ったものの実際に期限通りに返済してくれるかどうかは不透明な状態だからです。

利用者は借り入れや返済を通して金融機関側から信頼を得ていくことで限度額を少しづつ上げていくことができるのです。

また借り入れ額は利息にも影響してきます。

基本的にはどこの金融機関も借り入れ額が上がれば上がるほど利息が少なくなっていきます。

逆に言えば少額の借り入れは利息が最も高くなるため、利用者からすると損失も多くなります。

これは少額の借り入れが多い金融機関側からすれば利益を上げるうえで仕方のない方法とも言えます。

借り入れている額が少額であるため利息も実際の金額としてみれば高く感じることはありませんが、返済期間が長期にわたると利息も増えていくので注意が必要です。

手続きが早くなってきている銀行ローン

資金融資などを検討する方々は、しばしば銀行で借りる事を考えています。
銀行の場合は、確かに手数料などのメリットがあります。
賃金業者などと比べて、手数料は低めに設定されているでしょう。

それで最近の銀行ローンは、実はスピードに関わるメリットも高まってきています。
一部の方々は、賃金業者の方がメリットが大きいとお考えです。銀行と比べると、手続きがスピーディーと考えているからです。

しかし最近の状況を考慮しますと、一概にそうとも言えない一面があります。
最近では銀行ローンでも、即日タイプの商品が増加傾向にあるのです。
申込をしたその日の内に、お金を借りる事ができる銀行なども最近は多いです。

今なお賃金業者の方が、多少スピードが早いのは事実ですね。
しかし最近は機械審査などの都合もあって、賃金業者とのスピードの差も徐々に縮まりつつあります。

おまとめローンを利用できる人は意外と少ない

おまとめローンという広告を出している金融業者は多いものの、法律上定められた制度を利用した本来のおまとめローンは、貸金業法に基づく貸付を行っている信販会社と消費者金融が行なう総量規制の例外規定による借り換えローンに限定されます。利息制限法に定められた上限金利は、100万円を境として18%から15%へと制限が厳しくなるので、おまとめローンへの借り換えにより金利が低く出来れば、総量規制の例外として一方的に債務者に有利な借り換えと言えることを根拠としているわけです。このため、貸金業法に基づくおまとめローンでは、金利設定が15%を下回る商品が大半となっており、審査が厳しい商品ほど低金利にて提供されています。

総量規制の例外として認められるためには、本人の収入が多く借入額も多い必要があり、返済能力としては十分にあるけれども総量規制に抵触するために新たな借入が出来ない場合に有効です。借入総額が年収の1/3を超えていても、借り換えにより総利息を減らせればメリットが生まれます。しかし、低金利で大口の融資となるので、審査は厳しめに行われる傾向にあり、銀行カードローンの審査に通過してそっくり借り換えた方が低金利となることも少なくありません。

キャッシングをする前に考える事

日々の生活をしていればお金に困るケースは多々あります。

通常であれば貯蓄などから対応する事が可能ですが、突発的な出費の場合は手元にお金がないという事も多いです。

そのような時に、周囲から借りることが出来ない場合はキャッシングなどで金融機関からお金を借りる事も選択肢の一つです。

しかし、お金を借りるのであればしっかりとした返済プランを持っておく必要があります。

特に、大きな金額を借り入れる場合は注意が必要で、借り入れる金額が多ければ多いほど金利も高くなります。

そのような事も考えて、キャッシングを利用する前に事前に借り入れる金額を決めておく必要があります。

また、借り入れする金額については余裕をもって借り入れをするのではなく、不足している金額のみを借り入れるようにする事が重要です。

その上で、金融機関の比較をすると金利の安い所を探すことが出来て、返済に苦労する確率を低くする事が出来ます。

そして、比較をする際は近年ではインターネットでの比較がとても便利です。

インターネットであれば、金融機関のサイトに行けば正確な情報が手軽に入手できますし、返済などのシミュレーションが出来る金融機関もある為、返済のイメージも簡単にできます。

お得に借り換えるなら!フリーローン!

複数社からの借り入れをおまとめまたは借り換えするならば、フリーローンや目的別ローンを利用する方がお得になります。消費者金融のおまとめローンの場合、年利18%が一般的であり、キャッシング契約のおまとめ効果は借り入れ先の一本化に限定されてしまいます。また、銀行カードローンを利用すれば、金利の見直しが図られ、15%以下の金利で借り入れできるものの、審査が厳しい上、ローンスペックの上限金利が適用されてしまう可能性が高くなります。

そこでより効率的かつお得におまとめや借り換えをする際は、フリーローンや目的別ローンがカードローンに比べ、5%近く金利を下げることが出来ます。カードローンの場合、金利は審査結果または利用限度額で決まることが多く、低い金利の適用には信用度と返済能力が重視されてしまいます。

しかし、フリーローンや目的別ローンは最初から上限金利が低く設定されているため、審査結果を気にする必要がありません。さらに、借り入れ後は返済のみとなるため、債務超過のリスクが低くなるため、審査自体もカードローンに比べハードルは低くなります。その他、完済までのスケジュールが契約時点で分かるため、計画性を持つことが容易というメリットがあります。

楽天銀行の不動産担保ローンのメリット

楽天銀行で取り扱っているローン商品は、ネット銀行の強みが存分に活かされていて、どの商品も低金利であるという特徴があります。数多くある楽天銀行のローンの中でも特別に高い利用限度額と低金利で提供されている商品が不動産担保ローンとなります。このローンは担保として不動産が必要になりますが、その分利用限度額は最大で3000万円となっていますし、金利も5年固定金利で年3.55%から9.45%と圧倒的な好条件のローンとなっているのです。

借り入れたお金の使いみちについては自由というメリットがありますし、自身が保有している不動産でなくても親族の不動産担保提供も認められているので、幅広い人が申込可能となっているのです。

さらに正式審査前に行われる事前審査は最短で翌営業日に審査回答をもらうことができまし、契約後に資金に余裕ができた時には繰上返済手数料無料で繰上返済ができるので、返済がしやすいというメリットも挙げることができるのです。

レイクのキャッシングの返済方法について

レイクが提供しているカードローンは、総量規制対象外のカードローンなので年収の3分の1を超えるキャッシングも可能となっていますし、全国のコンビニATMなどから手数料無料でキャッシングができるので、契約しておけば万が一の際にはとても役立つカードローンであると言っても過言ではありません。

レイクのカードローンのキャッシングが手数料無料で利用できるのは有名になっていますが、キャッシングだけに限らず、用意されている返済方法の殆どが手数料無料となっているので、返済もしやすいというメリットを挙げることができます。

レイクのカードローンの返済方法には、Webからの返済・専用ATMからの返済・自動引き落としによる返済・提携ATMからの返済・銀行振込による返済と多彩な方法が用意されていますが、このうち銀行振込による返済以外は全て手数料無料で返済が可能となっているのです。

気軽な返済ができれば、家計を圧迫することもありませんし、次回キャッシングをする際も気持ち的に楽なので、レイクのカードローンは総合的にとても利用しやすいのです。

カードローンのメリット

カードローンは、金利が高いという面はありますが、

1件契約をしていれば困ったときや急な出費のときにとても頼りになる

金融商品であるといえます。

メリット1つ目は、借り入れするにあたり、お金の使い道を問われないという点です。

通常のローンは、住宅ローンやマイカーローンなどのように目的別に

ローンの契約を行います。

そのため、審査時には見積書や契約書の提示が必要になることが多いです。

しかし、カードローンは、目的を問わずお金を借り入れできるため、

どんなことにでもお金を使うことができます。

メリット2つ目は、借り入れ可能限度額までであれば、何度でもお金を

借り入れすることができるという点です。

最初、お金を借り入れして、返済が終わった後や、返済の途中であっても

初めに契約した限度額までであれば、再びお金を借り入れできます。

そのため、急にお金が必要になったときなどに、いつでもお金を借り入れすることができ

とても便利です。

以上のことからカードローンは、使い方を間違えなければ便利に活用することができると思います。